記事一覧

Archives

自動車税の納税が1年延長が出来る?

 

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ

 

徴収猶予の「特例制度

 

無担保・延滞金なし (埼玉県の場合)

新型コロナウイルスの影響で自動車税等の納税が困難な方のために、国や県で納税の徴収猶予の特例制度がありますので一部抜粋してお知らせいたします。詳しくは所管の県税事務所又は自動車税事務所にご相談ください。

県税の対応について(新型コロナウイルスによる)

・新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができる
・担保の提供は不要で、延滞金もかかりません。
(注)猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能

※対象となる方

以下①②のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象
① 新型コロナウイルスの影響により、令和2年 2 月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
② 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。
(注)「一時に納付し、又は納入を行うことが困難」かの判断については、少なくとも向こう半年間の事業資金を考慮に入れるなど、申請される方の置かれた状況に配慮し適切に対応します。

対象となる県税

・ 令和2年2月1日から同3年1月31日までに納期限が到来する自動車税(種別割)、法人県民税、法人事業税、個人事業税、不動産取得税などほぼすべての税目(証紙徴収の方法で納めるものを除く)が対象
・ これらのうち、既に納期限が過ぎている未納の県税(他の猶予を受けているものを含む)についても、遡ってこの特例を利用することができる

申請手続等

・ 令和2年6月30日(令和2年4月30日の法令の施行から2か月後)、又は、納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要
・ 申請書のほか、収入や現預金の状況が分かる資料を提出していただきますが、提出が難しい場合は口頭で可能

参考

埼玉県県庁ホームページ

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0209/z-kouhou/sinkoku-nouhu-kigen-no-encyo.html

「後付け式誤発進防止システム」取付けできます!

みなさんはブレーキとアクセルを踏み間違えたことはありませんか?

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故は年間6000件以上も起きています。

誤発進防止システムとはアクセルペダルの誤操作(低速時の急踏み・べた踏み)に対し、アクセルセンサーを制御し、誤踏みによる急発進を抑制します。

http://www.sun-auto.co.jp/(外部サイトへ移動します)

細井自動車でも取付けが可能になりました!!

本社ショールムには試乗車をご用意してありますので体験も可能です。

※試乗には安全確保の為スタッフが同乗させていただきます。

本体+専用配線 33,000円(税込)

取付け工賃   16,500円(税込)

以下の要件を満たすと「サポカー補助金20,000円」の対象となります。

対象者及び対象車両

・以下条件のいずれにも当てはまることが条件

・対象者の年齢が、2020年3月31日迄に65歳以上であること

・踏み間違い防止装置が装着できる車(製品適合のある車)

・対象者が、有効な運転免許証を保有していること

・車検証の「自家用・業務用の別」欄が「自家用」であること

・車検証の「使用者の氏名又は名称」に記載されている氏名と、運転免許証に記載されている氏名が同一であること

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談・見積りはこちらまで

0480-34-5678